主婦 お金借りる

貸金業登録番号の見方と違法業者の見分け方

大手も中小の金融会社も、必ず付与されているのが貸金業登録番号です。登録制で、この免許を取得していないと金融業を営むことはできません。従って、貸金業登録番号がない金融会社はヤミ金などの違法業者とみることができます。なかには貸金業登録番号を得ている業者で違法な貸付を行っている場合もあります。そうした金融会社は金融庁のホームページで公開されており、利用者に注意喚起も行っています。登録番号に含まれる括弧内の数字は3年毎の更新回数であり、数字が大きいほど長く営業していることが分かります。その他、貸金業登録番号は都道府県知事と財務局の二つの記名をみることができますが、この違いは営業範囲です。一つの都道府県内のみに営業している場合は知事の許可、地域をまたがって営業している会社は財務局の許可となる訳です。大手が財務局の許可となっていることが多いのですが、どこの財務局であるかで本店の所在地も分かる仕組みになっています。

金融業者は知名度が大事です

もしも金融業者からお金を借りるなら知名度を重視してください。知名度の高さイコール信頼の高さになります。テレビでコマーシャルをしている金融会社の多くは銀行をバックに持っている会社か大手の信販会社になります。このようなところは金利も安くしかもルールを守って営業しているために取り立ての時に脅して来たり嫌がらせをしてくる事は有りません。親切に対応してくれます。知名度のない金融業者が全て怪しいという事は有りませんが、まだ開業から日の浅い金融業者は気をつけたほうがいいでしょう。過去に闇金などをしてそのまま閉業をした会社がまた新しく開業した可能性があります。営業の実績のあまりない会社はとりあえず避けてください。あと大手の金融業者と似たような名称の会社名にして誤認させる業者もあるのでよく名前を確かめて契約をしてください。大手と思えば実は闇金だったということもあります。怪しいと思った場合には許可番号を調べてください。とくに主婦などの社会経験が乏しい人は要注意!専業主婦 お金借りる時には要注意です!

借入の適正金利について

カードローンやキャッシングなどさまざまな借入方法がありますが、どの借入においても法律で定められた適正金利が存在しています。以前はグレー金利とも呼ばれ、怪しい金利で貸し出すサービスもありましたが、現在ではそのような金利設定が行われることもなく、適正金利でサービスが行われています。借入を行う際には適正金利であるかの確認が必要ですが、金利がいつ設定されるのかも重要です。ほとんどのサービスでは借りた際に返済方法に応じて金利が設定されます。一回払いでは金利がかからないことが多く、分割払いやリボルビング払いでは年利で計算が行われます。しかし、注意したいのがリボルビング払いです。リボルビング払いでは返済時にも金利計算が行われます。また、新しく借りる際に注意したいのが借りた額面ではなく、借りた額面を含めた残債で金利が計算されることです。分割払いのように借りる金額に設定されるわけではないので注意しなくてはいけません

悪徳金融が出している広告の見分け方

悪徳金融の広告は非常に特徴的であり、見分け方を知っていれば避けることが可能です。では、広告のどこに注目すればいいのかというと、まず連絡先です。悪徳金融の場合、法律に触れることを行っているという自覚があるため、所在地を掲載することがありません。もし、どこで営業しているのかを明かしてしまったら警察に摘発される可能性があるからです。なので、携帯電話番号だけ掲載します。たとえば、090、080、070といった番号から始まるものを載せます。こうした番号のみが連絡先として広告に大きく掲載されていたら、ほぼ100パーセント、悪徳金融と考えて間違いないでしょう。また、融資利率が著しく低いという場合も要注意です。基本的に、利率が低いと言われる銀行であっても、フリーローンで利率を10パーセント以下で貸すということはまずありません。なので、連絡先が携帯電話しかないことに加えて、利率が5パーセントや3パーセントなどと書いてあったらヤミ金業者と考えましょう。

借入は業者名をしっかりと確認しておくこと

借入は業者名をしっかりと確認してから利用しましょう。これをしっかりとやっておけば闇金を避けることが出来ます。闇金なんかにお金を借りることは無いと思っている人は一般的に多いものですが、多くの人は闇金とは知らずにお金を借りてしまうものです。そこで、自分が借入をする業者はまともな業者かどうかを判断するために業者名をしっかりとリサーチしておくことで、まともな業者から安心して安全に融資を受けることが出来るようになります。借入の為に業者名を調べるならインターネットを活用しましょう。特に金融庁が公表しているデータを参考にすることは信頼性が非常に高く、完全にまともな金融業者をリサーチすることが出来るので覚えておいて損はありません。金融庁の公式サイトから情報を調べる、あるいは自分が利用を検討している業者の名前をそのままインターネットから調べるだけでも色々な情報をしっかりと見ることが出来るので必ず情報を調べましょう。